fc2ブログ

Entries

カラオケ大会

11月14日に、特別養護老人ホーム和寿園ではカラオケ大会が開催されました。



職員が歌い、利用者の皆様にはそれを聞いて頂く形を取らせていただきました。



コロナ禍の為、大声などは出せない状況ではありましたが、そこは一工夫。拍手や鳴子等、音が出る物を持って頂きカラオケに合わせ、鳴らしていただく事で楽しんで頂きました。




普段とは違うカラオケ大会になりましたが、楽しんで頂けた様子でした。

※今回のカラオケ大会開催にあたり、換気を行い、大声を控える、仕切り板の設置等感染対策を行い実施いたしました。
スポンサーサイト



2021年9月度全体研修


9月の22日と29日、職員を2組に分けて18時から全体職員会議があり、身体拘束虐待防止委員会による全体研修が行われました。
和寿園では部署ごとの研修の他、毎年3月と9月に法人の全職員を対象に身体拘束虐待防止委員会による全体研修を実施しています。毎回様々なアプローチで虐待防止の研修を行っていますが、今回のテーマは『不適切ケア』についての研修でした。


H_CIMG2202.jpg
H_P9220004.jpg

まず、課題となる動画を見ます。食事風景や入浴中などの場面が流れています。


H_P9220008.jpg
H_P9220010.jpg


その動画を見てどの様なことが不適切なケアになるのか、どうすれば良かったのかなどをグループに分かれて検討しました。また、その要因や解決方法も検討されているグループもありました。各グループとも有意義な話し合いがおこなわれ、グループごとに発表し自分たちが気づかなかった点や違う視点で見たときの意見も聞くことができました。






高屋クリーン作戦

10月24日(日)は、高屋地区の「クリーン作戦」でした。
年2回、和寿園の職員も参加させてもらっています。
今回は19名の職員で参加しました。


最初は「ゴミ拾い」です。
クリーン作成1
缶やペットボトルなど、たくさんのゴミが拾えました。


そして、次は「草刈り」です。
クリーン作成2

高屋公民館周辺の草を刈りました。

クリーン作成3

たくさんの草を刈り、
高屋公民館周辺がきれいになりました。

クリーン作成4

これからも地域の方との交流を深めるために、
いろいろな活動に和寿園の職員も参加していきたいと思います。

敬老会@デイサービス






10月初旬まで暑かった今年の秋も、ようやく本来の気候になっているものと思われます。


2021_day_keiro01.jpg
 例年は、外部のボランティアをお迎えして行われていた敬老会ですがまだまだ困難なご時世のため、当日お見えになる皆さんが如何に喜んでくださるか、それをモットーに担当のスタッフが出し物を考え、会が執り行われました。




2021_day_keiro02.jpg


2021_day_keiro03.jpg


2021_day_keiro04.jpg


2021_day_keiro05.jpg
 はじめは長寿のお祝いから。スタッフの手作りによる感謝状を贈呈すると、どの方も笑顔でそれを受け取ってくださいました。




2021_day_keiro06.jpg


2021_day_keiro07.jpg


2021_day_keiro08.jpg


2021_day_keiro09.jpg
 次に、スタッフによる一つ目の出し物、よさこい踊りが披露されます。スタッフが振りかざす鳴子のリズムに合わせ、ご覧の皆さんも手持ちの鳴子を振ってくださり、場内のボルテージは高潮していきました。




2021_day_keiro10.jpg


2021_day_keiro11.jpg


2021_day_keiro12.jpg


2021_day_keiro13.jpg
 高まった熱気は保たれたまま、続いてはスタッフによる二人羽織を披露。日頃は控えめなメイク!?の男女スタッフがそれぞれ、これでもか!というほどの厚化粧となったあとは、ケーキを食べるという名の追い打ちがかけられ、爆笑の渦とともに場内の雰囲気は最高潮を迎えることができました。




2021_day_keiro14.jpg
 最後に、来園者とスタッフでお祝いの歌を歌い、敬老会を締めくくることとなりました。




2021_day_keiro15.jpg


2021_day_keiro16.jpg
 会のあとは、皆さんにケーキが振るわれました。味覚も含めた、五感のすべてを用いて敬老会を楽しんでいただけたのではないかと思っています。

コロナウイルスとの兼ね合いで、来年以降はどのような会になるのか予測しがたいですが、2022年の敬老会も皆さんに楽しんでいただけるよう、精一杯取り組んでいけたらと思います。









実演調理 ラーメンバージョン

 蝉の鳴き声からコオロギや鈴虫の鳴き声に代わりました。

 

01menn2021.jpg

秋ですね~。

 

秋と言えば・・・食欲の秋‼ということで、今回は、和寿園の一風変わった工夫をご紹介させて頂きます。その名を調理実演と呼びます。ラーメンやうどんを提供させて頂く時に、食堂に調理員が来て、利用者さんの目の前で調理をします。今日は味噌ラーメンの日でした。



 02menn2021.jpg

野菜がたっぷり入って美味しそうです‼

 


03menn2021.jpg

コンロを使って、素早く調理していきます。

熱いものは熱い時が一番おいしく、又、利用者にとっては待っている時間も楽しみな時です。

 


04menn2021.jpg

麺の量にバラツキが出ない様に・・・

 


05menn2021.jpg

きちんとグラム数を整えて・・・!

 


06menn2021.jpg

具を乗せて、スープをかけたら・・・‼

 


07menn2021.jpg

この表情‼‼ 調理員と介護職が一番喜べる瞬間です。

 


心の声「あのお膳は、誰のかしら?」

心の声「私かも?いや、そんなはずは無いわ」

心の声「えっ?こっちへ向かってくる」

心の声「このテーブルの誰か?さあ、誰のお膳?」

 


08menn2021.jpg

心の声「来たぁぁぁ‼」

皆さんの注目の的になります。

 


09menn2021.jpg

男性陣もクールに・・・

 


10menn2021.jpg

食べてますが・・・

心の中では叫んでいます・・・

 

11menn2021.jpg

「ん~・・・うまいっ‼‼」

 

「メニューの中に、ラーメンが入っていると、本当に楽しみになります」と利用者さんが口を揃えて話されますが、調理員は、「美味しく作るのは当たり前。美味しさ以外に実演でしか提供することが出来ない、新鮮さと匂いや音を感じて頂きたい」と、この実演に取り組んでいます。

ご案内

プロフィール

事務長

Author:事務長
和寿園ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

スカウター